スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

災害拠点病院の耐震化率、62・4%にとどまる(産経新聞)

 厚生労働省は5日、全国約8600病院のうち、国の耐震基準を満たしているのは56・2%にとどまっているとの調査結果を公表した。災害時に地域医療の中核を担う災害拠点病院と救急救命センターでも62・4%にとどまっていた。災害拠点病院などについては、来年度までに耐震化率を71・5%とする目標を定めている。

 調査は厚労省が昨年1月から8月にかけて実施。8611病院(災害拠点病院など598病院を含む)から回答が得られた。

 すべての施設で耐震基準を満たしていると答えたのは4837病院(56・2%)。そのうち災害拠点病院などは373病院で耐震化率は62・4%だった。

 また、震度6強の地震で倒壊・崩壊の危険性が高い病院の数も初めて調査。164病院が該当し、災害拠点病院なども36病院含まれていた。耐震診断すら行われていない病院も1081病院(12・6%)あった。耐震基準を満たせば、震度6強の地震でも倒壊の危険性が低いとされている。

 厚労省によると、耐震化が進まない背景には、病院が24時間体制であることで工事が進めにくいことや、入院患者の移動に時間やコストがかかることなどが挙げられるという。

 厚労省は今年度1次補正予算で、災害拠点病院などの耐震整備を補助するための基金1222億円を計上しており、長妻昭厚労相は「なぜ、耐震化ができていないか実態調査を速やかに行い、あらゆる手段をつかい目標を達成させたい」としている。

【関連記事】
医師不足対策は不十分 厚労省などに改善要請
大地震の続発「日本でも」 連動への備え、耐震化が重要
台風や地震、日中韓で情報共有 防災担当閣僚級会合で共同声明
スマトラ沖地震 発生から1週間 はかどらない救援活動
学校耐震化は凍結せず 文科副大臣

ジロリアン魂
としおのブログ
携帯ホームページ
クレジットカードのショッピング枠を現金化
無料ホームページ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。