スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寺を全焼、保険金詐欺図る=容疑で元住職再逮捕-埼玉県警(時事通信)

 埼玉県東秩父村の寺が全焼した放火事件で、埼玉県警小川署は28日、寺に掛けていた保険金をだまし取ろうとしたなどとして、詐欺などの疑いで同県小川町小川、元聖岩寺住職の西原弘道容疑者(53)を再逮捕した。同署によると、容疑を否認しているという。
 逮捕容疑は昨年11月5日、当時住職を務めていた聖岩寺の本堂や自宅、乗用車などを放火し全焼させ、代車分費用約23万円を詐取したほか、約3億円の火災保険をだまし取ろうとした疑い。
 同署によると、西原容疑者は火災前日、本堂や自宅などを対象に約3億円の火災保険に加入していたという。寺所蔵の文化財は火災前に運び出していた。 

【関連ニュース】
元家裁書記官に懲役11年=判決文偽造、預金詐取
「キング」に懲役20年=振り込め詐欺リーダー
全盲従業員の預金詐取=マッサージ会社社長ら逮捕
住宅全焼、1人死亡=18歳女性か、2人けが
民家火災、焼け跡に2遺体=高齢夫婦か

<クリスタルキング>解散発言での賠償請求を棄却 東京地裁(毎日新聞)
強盗傷害罪の被告「裁判員の質問ためになった」(読売新聞)
「女性とは6年交際」=週刊誌報道で陳謝-中井公安委員長(時事通信)
民主が政策秘書不足、臨時の採用審査実施へ(読売新聞)
公明、参院選で他党推薦せず…非公式協力は容認(読売新聞)

<太陽の塔>黄金の顔の目、40年ぶり点灯 大阪・万博公園(毎日新聞)

 万博記念公園(大阪府吹田市)にある「太陽の塔」の黄金の顔の目玉(直径約2メートル)が27日夜、40年ぶりに点灯を再開した。大阪万博開催40周年記念事業の一環。28日以降も毎日、日没から午後11時まで光らせる。

 塔前広場であったセレモニーで、日本万国博覧会記念機構の中井昭夫理事長と来園者代表の児童らが目玉の点灯スイッチを押した。その後、緑色のレーザー光線が当たった塔前面に「1970年大阪万博」の文字や当時のパビリオンが浮かび、花火が打ち上がると、歓声が沸き起こった。両親に連れられて当時、万博に2回来場した吹田市の会社員の男性(46)は「気付けば40年たっていた。再び、この場所でこの光景を見るとは思わなかった」と話した。

 目玉の投光器は計128個の発光ダイオード(LED)を搭載。太陽の塔は芸術家の岡本太郎さん(1911~96)の作品で、万博開催中は点灯していたが、経費面の理由などでその後は点灯していなかった。【土本匡孝】

【関連ニュース】
太陽の塔:目が光ります 3月27日から大阪・万博公園
帰りたい:あった、あった。 沖縄の本質を素手でつかみどり
県読書感想文・画コンクール:小中学生50人を表彰 /静岡
太陽の塔:「ともだちの塔」に変身! 映画「20世紀少年」プロモーション

福岡・切断遺体、被害女性に交通事故トラブル(読売新聞)
中国毒ギョーザ 発覚直後に在庫を投棄 天洋が証拠隠滅か(毎日新聞)
小惑星探査機はやぶさ 地球帰還が確実に 軌道に到達(毎日新聞)
<消費生活相談員>配置に格差4.8倍…体制の強化進まず(毎日新聞)
築地市場移転問題 民主、修正案を撤回し都予算案を可決(産経新聞)

【近ごろ都に流行るもの】具入りラー油 辛さの中に光る食感(産経新聞)

 不況のさなか、この一年で急成長した食品がある。それはラー油だ。ヱスビー食品の推計によると今年1月の月間販売額(国内各社の合計)は3億6千万円で昨年1月の3・5倍。年間市場は20億円にまで膨らんだ。だが、トップメーカーである同社のシェアは逆に、1年前の78・5%から50・6%に激減した。

 奇妙な数字の裏に存在するのが、昨夏に桃屋が発売した具入りラー油「辛そうで辛くない少し辛いラー油」である。万人受けするマイルドな味わいと、具を食べる新感覚がウケて、品切れ騒動が起きる事態に。桃屋に状況を問い合わせたら、取材拒否。「増産に努めているが間に合わず、取引先から大変なおしかりを受けている最中、差し控えたい」とのこと。

 桃屋の独り勝ちのなか、ヱスビー食品がシェア奪還をかけて23日に発売するのが「ぶっかけ!おかずラー油チョイ辛」(希望小売価格346円)だ。辛さ控えめ、ニンニクやアーモンドの食感が特色の自信作で初年度売り上げ目標は3億5千万円。個数換算で100万個超という強気の皮算用である。

                   ◇

 大手のラー油戦争が勃発(ぼっぱつ)するなか、小さな店のラー油もひそかに人気を呼んでいる。東京・人形町の「菜心」。くしくも桃屋本社の近所にある。

 席につくと、まず出されるのが具がみっしり詰まったラー油だ。担々麺に乗せて一口ズズッといくと、揚げニンニクのサクサク歯触りと香りのなか、燃える辛さがジワーっと広がる…ウマーッ。体温も確実に上がった。初来店でこの体感のトリコになり、ラー油を何度も入れる。接客する少し中国語なまりの女性は、合間にラー油を小瓶に移し替える作業で大忙し。客が持ち帰り用ラー油(500円)を次々に大量注文している。相当なこだわりがあるとみて、後日、ラー油の取材を申し込んだ。

                   ◇

 「材料? 何も特別なものじゃない。どこでも買える唐辛子とニンニクだけ。油は昔はごま油を使っていたけど、値上がりしたのでサラダ油に替えました」。とは、あのラー油を詰めていた女性、店主の大森暁子さん(46)だ。

 中国残留孤児の母親とともに15歳で来日。横浜中華街などでウエートレスとして働き、平成4年に中華をメーンにしたアジア料理店を開いた。

 開店3年目で具入りに変えたラー油が評判を呼び、席数30に満たない店で、一日平均来店数100人、ラー油のテークアウトは90個。「新聞、テレビ、雑誌にも載ったことないのに、地方からも送ってほしいと電話がかかる。常連さんの手渡しで評判が広がったみたい。あと最近はブログね。お客さんがよくテーブルで写真を撮ってます」と大森さん。

 お昼どきは行列。ご飯にザーサイ、スープ、デザートがつき、テーブルには大きな茶碗(ちゃわん)に入ったラー油。「ご飯にかけてもおいしいし、どんな料理にも合う。2人で空っぽにしちゃう人もいますね」。ランチ850円の「香港腸詰と玉子炒め」のふんわりやさしい塩味にラー油を1さじかけると、たちまちパンチの効いたこわもてに豹変(ひょうへん)! 味の変化が面白い。

 揚げ具合だけで絶妙な香ばしさを出すこの店のラー油は、余計な調味料が入っていないぶん、自宅で多彩なアレンジが可能だ。オリーブオイルと混ぜて作った手抜きのパスタ料理が、普段よりも美味で複雑な心境…。ともかく好みのラー油を選べる時代になったことを歓迎したい。(重松明子)

山手線などの架線トラブルはパラボラアンテナ落下が原因(産経新聞)
<クリスタルキング>解散発言での賠償請求を棄却 東京地裁(毎日新聞)
<強風>関東地方を中心に強い風 東京・調布で3人けが(毎日新聞)
「自分で判断を」小林氏進退で小沢幹事長(読売新聞)
足利事件再審 無罪に涙ぐむ支援団体の西巻さん(産経新聞)

アパート火災で母子死亡=金沢(時事通信)

 26日正午ごろ、金沢市出雲町の鉄筋2階建てアパートから煙が上がっているのを、男性会社員が見つけ119番した。2階にある自営業上寺信一さん(40)方の約30平方メートルが焼け、上寺さんの妻麻美さん(35)と長女結心ちゃん(4カ月)が病院に搬送されたが、間もなく死亡が確認された。
 金沢西署によると、上寺さん方は3人暮らしで、上寺さんは仕事で外出していた。火元は6畳和室で、同署は詳しい原因を調べている。 

【関連ニュース】
アパート火災、幼児2人重体=両親は外出中
和室からライター複数=子供2人死亡火災
アパート火災、子供2人死亡=3歳と2歳のきょうだい
中3女子宅に放火容疑で再逮捕=脅迫の龍谷大生
アパート火災、男性2人死亡=女性1人軽傷

<通天閣ロボ>大阪PR「どこでも行くで」(毎日新聞)
<自民党>大島幹事長が平沼氏と会談(毎日新聞)
日本の医師免許がない外国人医師への規制「課題の一つ」―長妻大臣(医療介護CBニュース)
<センバツ>開星監督「21世紀枠に負けて末代の恥」と発言(毎日新聞)
1世帯最大579円を上乗せ 再生可能エネルギー買取制度の負担試算(産経新聞)

<岐阜刑務所>20代男性受刑者が独居房で自殺か(毎日新聞)

 14日午前4時55分ごろ、岐阜市則松の岐阜刑務所で、独居房にいた20代の男性受刑者が、掛け布団のカバーで首をつっているのを巡回中の職員が発見した。カバーを折り畳んで輪状にし、床から高さ約90センチの水道の蛇口に引っかけていた。男性は病院に搬送されたが間もなく死亡。遺書らしきメモが残されており、同刑務所は自殺とみている。

 同刑務所によると、男性は05年3月に入所。数日前に規律違反で独居房に移ったばかりだった。発見の20分前に見回った時は異常はなかったという。メモには自身が起こした事件への反省の言葉がつづられていたという。

 同刑務所は「男性に問題行動はなく、自殺の兆候はなかった」としている。【三上剛輝】

【関連ニュース】
刑務所出所:仮釈放が満期下回る…高齢化、引受先なし
革手錠死傷事件:2審も刑務官4人有罪 名古屋高裁判決
雑記帳:刑務所キャラ「わかP」が即売会を応援 和歌山
刑務所出所:仮釈放が満期下回る 高齢化、引受先なし
eye:盲導犬育てた受刑者 慈しむ心・寛容の心、教えてもらった

みんなの党 「自民党は終わった」 渡辺喜美代表が講演で(毎日新聞)
レセプト審査、査定の判断に「支部間差異」―支払基金の報告書(医療介護CBニュース)
彬子さまが米国へ出張(時事通信)
恵比寿RCの啓発漫画、全国に配本 ネットのわな、小中学生に警鐘(産経新聞)
<日仏外相会談>イラン核拡散問題で米仏などに理解示す(毎日新聞)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。